起業のアイデア発想・戦略の組み立てを、毎月一度、疑似体験する起業・新規事業専門誌「月刊アントレプレナー・コーチング」 起業の戦略は、いかにしてゼロから発想し、設計すべきものなのか?
TOP | 読者の広場TOP | 月刊誌の概要 | 月刊誌バックナンバー | お客様の声 | 無料情報一覧 | お問い合わせ | 会社概要
 
■著者プロフィール
文部科学省
(財)生涯学習開発財団

認定コーチ 
中山 匡

東証マザーズ上場 スターティア(株)での講演時の模様。[講演詳細→]
<プロフィール>
 大手経営コンサルティング会社から独立後、アントレプレナー・コーチング株式会社を設立。専門分野は、マーケティング・リサーチ、業務・ノウハウの標準化・体系化、フランチャイズ本部の立ち上げ、新規事業の立ち上げ等… [続きを見る →]

  著者の発行するまぐまぐ殿堂入りメルマガ「起業アイデア発想法!」の詳細はこちら

まぐまぐ
(ID: 0000131792)

■起業アイデア発想法!&0を1に変える起業手法
※購読者数12,000名以上
 小資本で圧倒的に成功している起業成功事例を毎月1回無料で知ることができます![バックナンバーを見る→]
※よりお客様のご要望にあわせた個別情報をお届けするためにも、ご登録頂きましたアドレスは、まぐまぐ社と弊社の両方に送信されますことをご了承ください。[詳細・解除→]
姓: (例)山田
名: (例)太郎
E-mail:
個人情報の取り扱い方
まぐまぐ

■重要事項
会社概要・プロフィール
個人情報の取り扱いについて
特定商品取引法に基づく表示
著作権、及び、免責事項
リンクについて
※本サイトは、SSL暗号化送信に対応しております。
小資本ビジネスモデル発想法
大成功事例から、あなただけのオリジナルな起業・新規事業のアイデアを盗み取る方法とは?!
〜国内・海外5つの成功事例からのヒント〜」

 この無料レポートは、2006年10月24日現在、過去9,791名のアントレプレナーにお読み頂いており、お陰様で他社の有料情報より価値があったという声が、続出しております。(A4版65ページ

 現在のところは完全に無料で配布させて頂いておりますが、読者様数が1万名を超えた時点を目途に、有料化も検討しております。内容にご関心がおありの方は、この機会を逃さず、確実にご入手頂けますと幸いです。


<小資本ビジネスモデル発想法 無料申込フォーム>


下記に姓・名・お届け先アドレスをご記入の上「無料申込」ボタンを押してください。
: (例)山田  : (例)太郎
ふりがな:
:
※補足情報もE-mailにて月に1、2回程度お届け致します。解除はいつでも30秒で可能です。[個人情報の取り扱いについて→]
  [作者プロフィール→] [個人情報の取り扱いについて→]


 起業や新規事業をお考えの方であれば、恐らく過去、様々な方法で「起業のネタ探し」を行ったことがおありのことでしょう。例えば…

  • 「ア●トレ」や起業関係雑誌を立ち読みして、ざっと目を通してみた。
  • 起業ネタ関係のメルマガは、できるだけ購読するようにしている。
  • 何かしかヒントが得られるかもしれないと思い、起業関係のセミナーには積極的に参加するように努めている。
  • 週末起業についてのいろいろな本を読んで、成功している事例を調べてみた。

 こういった努力の結果として、「なかなか、このコンセプトは面白いなあ!」と思えるようなアイデアには、過去何度か出会われたことでしょう。
  しかしながら、決して、それに心ときめくようなことはなく、


「このアイデアは確かに面白いと思う。でも、自分の全てをかけてでも実行したいと思えるほどのビジネスとは思えないんだよなあ〜。」

と感じる程度で終わってしまうことが、割と多かったのではないでしょうか?

  だから、更にたくさんの情報を求め、本屋にゆくたびに、ビジネス書コーナーを探し回ってみる…。起業関係や、場合によっては、フランチャイズ関係の雑誌・書籍を手に取り、最新のまだ自分が知らない情報は無いかとあさってみる…。 さらには、多くの成功者が指南していることに従い、

「自分が好きなものはなんだろうか?」 「自分が得意なことを活かすと、どんなことが可能だろうか?」

といった自分の棚卸し作業に挑戦してみる。
 でも、なかなか「これだっ!」と思えるアイデアには、出会えるものではないのが現実というものではないでしょう。

 今現在、私のクライアント様のほとんどは、既に事業を立ち上げられている経営者の方々です。でも、最近は、起業テーマをお探しの段階の方に対して、個別のご支援をさせて頂く機会も、ほんの少しですが増えて参りました。

「テーマさえ決まっていないのに、一体、何を支援するんだ?」

と思われるかもしれませんが、まさにその「テーマ」を決めるためのコーチング型の支援をさせて頂いているわけです。[私のプロフィールはこちら→]

  そして、そのようなご支援をさせて頂く中でも、「これぞ!」と思えるアイデアを見出される方と、いつまでたっても道が見えない方がいらっしゃるのは事実です。

 以前、弊社のサイトには少し書かせて頂いたことがありましたが、その違いが何からくるものなのかということは薄々とは気付いていました。でも、最近は明らかな違いとして分かって来ましたので、改めて本書を通じてお届けすることにしました。

  一見したところ、以下に書かれている内容については、知識としては既にお持ちのものかもしれません。が、この知識を、単に「知っている」というレベルを超えて、「使えるようになる」ことで、人生が急激に変わったという方が、何名もいらっしゃいます。

 ぜひ、本書を、現在ぶち当たっている壁を乗り越える上で、フル活用頂けますと幸いです!


<小資本ビジネスモデル発想法 無料申込フォーム>


下記に姓・名・お届け先アドレスをご記入の上「無料申込」ボタンを押してください。
: (例)山田  : (例)太郎
ふりがな:
:
※補足情報もE-mailにて月に1、2回程度お届け致します。解除はいつでも30秒で可能です。[個人情報の取り扱いについて→]
[作者プロフィール→] [個人情報の取り扱いについて→]

 なお、本書の目次は次の通りとなっております。


目次(合計65ページ)  
  • 第1章 なぜ起業ネタが見付からないのか? そもそも「起業ネタ」以外に本来探すべきこととは?
     
  • 第2章 自分の心が急に躍り出すような「戦略」は、どんな思考プロセスから誕生するのか?
    ●発想のステップその1: まずはXXXXを考える!
    ●発想のステップその2:「つい、XXXXXXになってしまう話題とは?!」
    ●発想のステップその3:「XXXの入手は容易か?」
    ●発想のステップその4:「収益源をどこに置く?」
    ●新アイデアのご紹介!「人は、欲しい情報を得るためなら、身を売ることだってある?!」
     
  • 第3章 小資本で圧倒的なまでに高収益を挙げている4つの成功事例からヒントを得てみましょう!
  • 第4章 起業ネタではなく、起業の「戦略」を見出して頂くための発想法 <まとめ>
  • 第5章 小資本ビジネスモデルの骨組みは、たった7つしかなかった!小資本ビジネスの設計図とは?!


 この無料レポートは、2006年10月24日現在、過去7,469名のアントレプレナーにお読み頂いており、お陰様で他社の有料情報より価値があったという声が、続出しております。(A4版65ページ

 現在のところは完全に無料で配布させて頂いておりますが、読者様数が1万名を超えた時点を目途に、有料化も検討しております。内容にご関心がおありの方は、この機会を逃さず、確実に無料でご入手頂けますと幸いです。

  どうぞ、宜しくお願い申し上げます。


<小資本ビジネスモデル発想法 無料申込フォーム>


下記に姓・名・お届け先アドレスをご記入の上「無料申込」ボタンを押してください。
: (例)山田  : (例)太郎
ふりがな:
:
※補足情報もE-mailにて月に1、2回程度お届け致します。解除はいつでも30秒で可能です。[個人情報の取り扱いについて→]
[作者プロフィール→] [個人情報の取り扱いについて→]


 それでは、本書内で再びお会いできますことを、楽しみにお待ちしております!
 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

お客様からは、メールだけではなく、毎日、このようにたくさんのお手紙を頂いております。

 
TOP | 読者の広場TOP | 月刊誌の概要 | 月刊誌バックナンバー | お客様の声 | 無料情報一覧 | お問い合わせ | 会社概要
 
Copyright 2004-2006(C) Tadashi NAKAYAMA and Entrepreneur Coaching, Inc. All Rights Reserved.
当サイトの許可無く、本文書の一部或いは全文のコピー並びに転用することを禁止します。