TOP | 読者の広場TOP | 月刊誌の概要 | バックナンバー・教材一覧 | お客様の声一覧 | 無料情報一覧 | お問い合わせ | 会社概要
 
月刊e-Coaching「第42号」ご購読者の生の声

Kさんより
誌上コンサルティングが、とても具体的で、自分 の ビジネスに当て はめやすく参考になりました。
 

林 智子さんより
『当 の ご本人は「集客」が課題だと思っていたとしても 、文章を見るだけでも、そ の 人 の 課題は集客では全然なくて、 「コミュニケーション・スキル」が最大 の 課題である 、などと言うことは良くあることです。』
など の 達観が良いと思います。
もちろん、文章を書かせたら皆それぞれ の 視点で達観し合っている の かもしれませんが…。
企業 の 管理業務に暗かった身としては、広告費、必要な粗利など、
数字に関してかなりオープンな点、ケーススタディがありがたいで す。

Y.K.さんより
山本さん の コンサルティング事業 の 立上げ の プロセスが自分 の 事業 にも参考になりました。自分はテストマーケティング の 段階ですが 、まだまだWEBサイト の 中身ができていないと感じました。
こ の 記事を参考にして手を加えていきたいと思います。

今回、バックナンバーを多数購入しましたが18 号 の 「思考回路 の 右脳化」はほんとにためになりました 。マインドマネージャーライトも購入し、日々やっております 。まだ、書きなぐっているといった入力状態ですが 、今はトレーニング時期と思いコツコツ続けています 。ありがとうございました。
あと自分 の 課題 の 一つは、モチベーション の 維持だと思っています 。落ち込みやすい の で、積極的に心 の 栄養を取る工夫を日常生活に 入れていこうと思っています。
今後ともよろしくお願いします。

T.F.さんより
月刊 誌と御社 の 方向性を決めるアンケート&マーケティングが 、顧客と の 繋がり方を考える上で、非常に参考になりました。

現在弊社では、いわゆる得意客(勿論、得意客かどうかを決める数 値的な判断材料があります)に対してニュースレターを配布してい ますが、双方向性が全く無く非常に寒い状態です・・・

活字で の コミュニケーション の 取り方を、まさに実例にて (私が実体験しながら)ご紹介下さって、ありがとうございました 。

これを弊社に取り入れるために、ニュースレターに小さな対話 の コ ーナーを設けます。(←マスターナカヤマに怒られないように断言 )

といってもネットやFAXを使わない方が多い の で具体的には・・ ・

1.とりあえず足を使って話を聞いて、分からない事 の 質問に答え る
2.翌月 の ニュースレターにQ&Aコーナーを設け、それを掲載
3.最後に ご質問はコチラまで! と、連絡先を記入
4.反響を待つ

・・・こんな経路でいかがでしょうか?サクッとコメント頂けると 有難いです!
今回も大きな気付きをありがとうございました!!  

先日は引越し等でお忙しい中、わたし の 苦言にご対応頂きましてあ りがとうございました。
親切なご対応を頂きまして、私 の 中 の 不安感も払拭いたしました。

また、転送メール の 中でスタッフ の 方と の やり取りも垣間見え 、そ の 問題解決能力 の 高さに感じ入っております。

今後も末永いお付き合いをお願いしたいと思います。

A.I.さんより
最近は初夏を思わせるような暑さで、暑がり の 私にとっては
厳しいも の があります。(笑)

42 号 で良かった点は、奥田さん の 感想です。 その中でも特に、

「中抜き対策」はネガティブなテーマ の ように見えて、 実は、取引拡大 の ため の 戦略構築を裏側から見た内容だった。

という文章を読み、とても勉強になりました。

また、中山様が仰っている、
「人間関係」は「状態」を表していて、 そ の ような関係を作るためには、「アウトソーシング」、 「コーディネート」、「コンサルティング」という 「機能」を使いこなすことによって、中抜きを防ぐという「状態 」を 勝ち得ることができる、ということもよく分かり、勉強になりまし た。

私が行っている事業も、中抜きをど の ようにして防ぐか?
ということが重要になる の で、「機能」を使い、 「人間関係」という「状態」を築きあげていきたいと思います。  

岸川様 の インタビューコーナーを 毎 号 楽しく読ませて頂いていましたが、今月 号 でついに最終回となってしまいましたね。

回を増すごとに中山様 へ 質問する内容が核心に迫っていくようにな り、 そ の ような内容を読むことにより、自分自身は普段 、ど の ように行動し 過ごしている の か?ということを改めて考えたり比較しながら読む 事ができました。

120% の 努力、行き詰ったときや、やる気が出ないとき の 対処法 などなど、 自分ではあまり意識してこなかったことを、5回に渡るインタビュ ー の 中で 沢山気づかさせて頂きました。

今月 号 の インタビューでも、リセットする方法や、クレームを受け たとき の 処理プロセスなどは、私でしたらなかなか気持ちを切り替えること が出来ずに いつまでもずるずると引きずりがちになってしまっていましたが 、中山様 の 方法を 知ることにより、自分なり の 方法を見つけ、対処できそうな気がし ます。

今月 号 で終わりになる の は残念ですが、今後、同様なインタビュー 企画が 掲載されるということが書いてあった の で、そ の ときを楽しみにし ています!

山本 恒雄さんより
又しても、やってしまいました。1度あることは2度あった の です 。

やっと動き出した顧問契約 の クライアントから の 主要原料リストを GW直前に入手した後、昨日まで殆ど掛かりっきりでコストダウン 企画案まで追い込み、本日、5月度月例報告をして帰ったところで した。

こ の 集中期間中に最も気に掛かっていたこと:中山先生 の 月刊 誌を 開けて読むこと、でした。

何と、2回目 の 記事があるではありませんか!
私 の 題材を、再度、まな板 の 鯉にしていただき、最高に幸せです 。感謝120%です。

今回もふんだん の アドバイスを頂戴してモチベーション爆発状態に なりました。ありがとうございました。

お陰で、13項目も課題を設定することができました 。これを全部やり遂げると宣誓します。亀 の ようなスピードでも一 歩一歩実践していくことが何よりも大切な の ですよね。

読者 の みなさん へ :私 の 失敗を繰り返さないように他山 の 石として ください。

私 の ビジネスは日本全国が対象です。

しかし、最近、明石 の 近場を重点にした地域戦略でテストマーケテ ィングを練習し、実績を蓄積しながら地域を少しずつ拡大していく 方が好ましい の かも?と思い直しつつあります。

昨年7月 の 操業開始時には、7月は兵庫県限定、8月には兵庫県と 大阪府、とやっていた の を9月以降一気に全国展開に切り替えてい ます。理由は顧客獲得が果果しくないから地域限定を外した訳です 。決定権を持っている人が関西では少ないと判断したからです。

でも、地域限定なら先方に出かけていって対面するやり方でも費用 は少なくできる の ですが、全国となると出張費と時間が大変になる なあ?と言う気分にもなります。

やはり、竹田洋一先生が言われているように、小粒でも近場からじ わじわとやるべきな の でしょうか?

しかし、これではペルソナ の 集中している東京はいつになることや らですし、ワンルームマンションか長期宿泊してやることになりは しない の かな?明石 の 地 の 利が足を引張ることになる の かも ?と言った調子 の ことを考えたりもします。

何かアドバイスいただけると幸いです。


松村 謙 さんより
はじめに、でご紹介された今後 の サービス案で、セミナーがライブ で生中継できる!ことには、驚嘆しました。
ブロードバンドが進化していることは、少しながら感じていました が、こんなことまで出来るとは、いろいろなサービスも 、これからこ の ようなブロードバンド の 大きな波に影響される の で は、と痛感しました。
こ の 技術進化を活かしながら、自分独自 の サービスをどこまで付加 していけるか、という新たな視点をいただきました。

伊原 康浩 さんより

  先日 の 6ヶ月コースではたくさん の コメントをいただきまして 本当にありがとうございます。中山さん の コメントで当初自分が 思い描いていた事業プランでは想像すらしていなかった。

アイデアを提供くださりとても感謝いたしております。 特に、成果報酬型 の スタイルも取り入れる。などは考えておらず 月額課金型でやってみようと思ってました の で、
「なるほど、成果報酬型でもいけるな!!」と思った次 第 です。
また、私が作ったホームページ へ の コメントまでいただきまして 感謝!感謝!感謝!です。ありがとうございました。

 
Copyright 2004-2008(C) Tadashi NAKAYAMA and Entrepreneur Coaching, Inc. All Rights Reserved.
当サイトの許可無く、本文書の一部或いは全文のコピー並びに転用することを禁止します。