TOP | 読者の広場TOP | 月刊誌の概要 | バックナンバー・教材一覧 | お客様の声一覧 | 無料情報一覧 | お問い合わせ | 会社概要
 
月刊e-Coaching「第2号」ご購読者の生の声


自分に十分な力があることに気付いた!

企画マーケティング 神奈川県横浜市 M.I.様

 いつもながら、濃厚な内容でした。特に運送屋事業からの発想のヒントについては、途中何度も目を中に浮かし、自らが持っている資産(人脈と商品)について思いを巡らし、「なんだ、自分の中にすでにwin-win-winを創ることができる種を持っているじゃないか」と思い至り、メモをとったものです。

 これまでは、自分の頭の中では、AはA、BはBと単独でしか存在しなかったのですが、それらのマッチングをすることで新事業ができるじゃないか、と考え付いたのです。

 それと、これまでは週末起業で小遣い銭稼ぎできればいいや、ぐらいに考えていたのですが、「もっときちんと事業化を考えよう」という気持ちになっています。もちろんそれらの種は、本業を通じて得た人脈や商品なのですが、本業とバッティングしない部分で事業化が可能であると考え付きました。

 週末起業セミナーなどでは、趣味や本業以外の分野で起業したほうがよいとのディレクションをされていますが、実際に30年近くも携わっていると、それ以外の分野といわれてもなかなか種を探し出すのは難しいものです。むしろ、本業を通じて得た知識や人脈を生かして、本業の障害とならない分野で起業するほうが実際的ではないかと思っています


 パーセプションマップについては、つい最近も会社の新事業としての「通販参入分野の検討」で説明のために使い、それなりにスタッフにたいしては説得力をもったのですが、説明する自分としては、軸がどうしても「恣意的である」という感を免れ得ませんでした。
 本書にあった、たくさんの要素(軸候補)をリストアップし、たくさんのマップを作成して事業分野を絞り込んでいく、というのは実行していませんでした。
 また得てして4CのCompanyに偏りがちな自分の傾向にも気づきました。

 その意味で、今号では上記2つのコンテンツがとても役立ちました。
(eコーチング例がなかったのがちょっと残念でしたが)

 これからも素晴らしい内容を期待しております。
 ちなみに“事例”には、私はとてもインスパイアされます。

<その他コメント>
 「農耕型マーケティング」は分かっているつもりのステップを、実務に反映させる際の「記憶術」的な意味合いで有効かと思いました。まだ読んで1日しか経っていないので、当たり前といえば当たり前ですが、きちんと頭に残ってますもんね。

今月も一気に読んでしまった!来月が待ち遠しい

起業準備中 東京都葛飾区 K.M.様

今回も、楽しく、また、興味深く一気に読ませて頂きました。
来月号が待ち遠しいです。

 さて、特に良かった点ですが、今月号から、図および表が非常に多くなったように感じました(先月号と直接比較しておりませんので思い違いかもしれません)。

 その結果、読みやすく、理解し易くなったと思います。原稿の作成時間が大幅に増加してしまうかもしれませんが、これからも、お願いしたいところです。

早速、内容に基づいて自社のポジションを検討し直している!

学習塾経営 神奈川県藤沢市 H.Y.様 

  「農耕型マーケッティング法」が良かったですね。確かに、形あるものに関係づけるとわかりやすいです。

 「パーセプション・マップ」はちょっと驚きでした。
 56通りの表を作ることは考えつきませんでした。実は、私は個人で「学習塾」を経営しており、現在「パーセプション・マップ」を作成中です。

中身の充実度は随一!

起業準備中 福岡県大牟田市 A.B.様

 最近コンサルタントの方の前口上で、「本格的にマーケティングを学んだことはありません」とか「私のような凡人でも」という言い方をされる方がいらっしゃいます。中山さまも読者との距離が開かないように配慮されておっしゃっていることと勝手に推測しております。

 が、しかし文面とかまとめられている内容などを拝見致しますと、とてもそのように見えません!かえっていやみ!(けっして批判ではありませんよ。褒めコトバです)

 しかし、本もけっこう好きで、基本的にノウハウ類の勉強も好きな私は、現況を鑑みると、凡人以下のいったい何者だろうと思ってしまいます。
誌上相談コーナーに掲載していただきありがとうございました。客観的に自分の意見を見ると、応用力なしの実行できるノウハウ丸ごと頂戴な考えなし人間に見えてお恥ずかしい感じでした。

 内容は、創刊号ともども大変読み応えのある内容でした。市販の例えば『アントレ』などはほとんど記事広告で、どこを読んでいいかわからないくらいです。
他の方の月間ニュースレター類も過去現在いろいろ読んでおりますが、中身の充実度は随一だと思います。

戦略を落とし込んでいく過程を具体的に理解できた!

起業準備中 山形県米沢市 鈴木様

 自分の取るべきポジションの見極め「パーセッション・マップ」は、大変参考になりました。
 一般的に手法を説明するのではなく、ご自身の事例を公開して説明されているので、戦略を落とし込んでいく過程が具体的に理解することができ、自分のアイデアに当てはめることで有効に活用できます!
 また、戦略というと提供する側に立って考えがちですが、受け手の顧客が一番求めていることを提供するための戦略ということを感じました。

 まともに語られる「農耕型マーケティング法」ご自身の生データをこれほどオープンにしての解説は、現場主義と言われたとうり感動ものでした!
 より具体的にテスト・マーケティングを理解することが出来ました。次は、「分かる」から「できる」へとステージを移行したいものです!

 スケジュールでは、1月から「展開加速化」とのこと!
どんな戦略なのか楽しみです。
 私があれこれ予想しても、それ以上の展開があるのでしょうね。

様々な教材のいずれにもない切口と深さがある!

有限会社 いつでも夢を
代表取締役 塩谷憲子様より

http://www.itsudemoyumewo.jp/

 第2号も期待どおりとても充実した内容だったと思います。農耕型マーケティングは絵や図が多くて非常にわかりやすいと思いました。第2号の中で私にとって一番おもしろくて惹きつけられたのはパーセプション・マップでした。中山先生が学習塾の開設にあたってどのように進めていらっしゃったかの過程は非常に勉強になりました。3C分析または4C分析はとても大切だと思います。

 「自前のトラックを持たない運送屋」のビジネスモデルも参考になりました。誰でも考え付きそうに思いますが、それを最初にビジネスとして成功させる人が抜きん出ている人なのだと思います。やはり強いビジネスモデルはWin-Win-Winなのですね。

 昼間は使われていない飲食店の活用は実際に昼と夜の二毛作で営業しているお店はありますが、●●して●●で手数料を稼ぐというのはすぐビジネスになりそうですね。
 少し外れますが飲食店ビジネスに関してですが以前なにかで読んだのですが1ヶ月間だけ貸すお店がうまくいっているという事例がありました。1ヶ月だとオーナーの友人関係だけでも埋まるし、珍しさもあって客の入りも良いそうです。

 売れ残りといえば劇場の空席はもったいないですね。ロンドンに行ったとき、私もハーフチケットを当日買いましたが、日本ではいろいろ制約があって難しいのでしょうか?

 私は事例紹介は是非続けていただきたいと思います。アイデアやヒントの宝庫だと思います。

 本の紹介も参考になりました。「アイデアの作り方」は私も10月に買って読みましたが、薄いのに内容の濃い本でした。

<その他コメント>
まず起業系の雑誌で過去に読んでいたものはやはり「●●●●」と「●●●●●●●●」です。その頃はインターネットを使っていなかったので本屋で売っている雑誌でした。両誌とも●●系が多く、内容もレベルも低いし、結局同じことを繰り返し書いているに過ぎないと思います。今「●●●●●●」を年間購読していますが、ほとんど読んでいません。中山先生の●●●●●●と一緒で年間購読は考え物です。

 ニューズレターは結構たくさん購読しています。一昨年の秋の本屋で買った●●先生の「●●●●●●●」の本がきっかけで●●に入会して会が解散になるまで毎月読んでいました。
 ほぼ同時に●●●●先生の●●にも入会して現在も毎月ニューズレターを読んでいます。インターネットの勉強もしたくてほぼ同時期に●●先生が推薦していたので●●先生の会にも入会しました。最初はわからなかったのですが、私もいろいろ情報を集めてネットの勉強をするうちに疑問を感じるようになりました。
 年間契約だったので1年間はニューズレターが送られてきましたが、最後の頃はほとんど読みませんでした。2年目からはなぜか会費が倍になるという通知がきましたが、もちろん継続しませんでした。●●先生に関してはその後何人もの方から芳しくない評判を聞きました。

 その後、●●信先生の会と●●孝司先生の会にも入会して現在も継続しています。
 ●●先生はニューズレターではなくて対談CDが毎月送られてきます。

 そのほかホームページを●●にお願いしたので毎月●●先生のニューズレターも送られてきます。ネット関係では●●明先生のニューズレターも毎月読んでいます。

 自分でも多いと思うのですが、それぞれ特色があって学びが多いので継続しています。いつか卒業するときがくるのかもしれません。

 中山先生の教材は上記のいずれにもない切り口と深さがあると思います。上記の先生方は宣伝も派手にしているので世の中に知られていると思いますが、私が中山先生とご縁が持てたことは心から幸運だったと思います



 中山先生のお父様の数学の塾のビジネスモデルは私にとって特に興味深く感じました。
 実は30才から7年間ほど、自宅で幼稚園児、小学生、中学生に英語を教えていました。別に英会話がペラペラできるわけでもなくお恥ずかしいのですが、一応英文科出身なので家でできる仕事ということで始めました。自分の子供たちも含めて教えていたのですが、教える仕事の楽しさと大変さの両方を実感しました。

 以上、まとまりがなくて申しわけございません。

辞書代わりに使っていきたい!

起業準備中 愛媛県今治市 T.M.様

 パーセプション・マップについては、いままで使ったことがなかったのですが、とても有効な方法ですね。あらゆることに応用できそうで、ぜひ活用していきたいと思います。

 前回のテストマーケティング法同様、今回の農耕型マーケティングも解り易く、とても参考になり、辞書代わりに使っていきたいと思います。

 絵が多くあり、後でさっと見る場合でも、いわゆる右脳で捕らえることができてよかったです。(意見を早速取り入れていただきありがとうございます)
 
Copyright 2004-2005(C) Tadashi NAKAYAMA and Entrepreneur Coaching, Inc. All Rights Reserved.
当サイトの許可無く、本文書の一部或いは全文のコピー並びに転用することを禁止します。