起業のアイデア発想・戦略の組み立てを、毎月一度、疑似体験する起業・新規事業専門誌「月刊アントレプレナー・コーチング」 起業の戦略は、いかにしてゼロから発想し、設計すべきものなのか?
TOP | 読者の広場TOP | 月刊誌の概要 | 月刊誌バックナンバー | Q&A | お客様の声 | 無料情報一覧 | お問い合わせ | 会社概要
 
■起業戦略無料情報誌
※購読者数6,000名以上
 小資本で圧倒的に成功している起業成功事例を毎月1回無料で知ることができます![バックナンバーを見る→]
※よりお客様のご要望にあわせた個別情報をお届けするためにも、ご登録頂きましたアドレスは、まぐまぐ社と弊社の両方に送信されますことをご了承ください。[詳細・解除→]
姓: (例)山田
名: (例)太郎
E-mail:
個人情報の取り扱い方
まぐまぐ

■大成功事例から、あなただけのオリジナルな起業・新規事業のアイデアを盗み取る方法とは?!(無料)
●過去4,000名以上にお読み頂いた内容をA4版65頁の冊子にまとめ直しました。
 他社の有料情報より価値があった、という声が続出しております![詳細はこちら→]
氏名:
※姓と名の間に空白をお入れください。
(例)山田 太郎
E-mail:
※補足情報もE-mailにて月に1、2回程度お届け致します。解除はいつでも30秒で可能です。

[詳細はこちら→]

■発行・編集責任者
プロフィール
中山 匡
Tadashi NAKAYAMA


 大手経営コンサルティング会社から独立後、アントレプレナー・コーチング株式会社を設立。専門分野は、マーケティング・リサーチ、業務・ノウハウの標準化・体系化、フランチャイズ本部の立ち上げ、新規事業の立ち上げ等… [続きを見る →]

■重要事項
個人情報の取り扱いについて
特定商品取引法に基づく表示
著作権、及び、免責事項
リンクについて
※本サイトは、SSL暗号化送信に対応しております。
「自分には手に職が無いから、たいしたビジネスなんてできっこないよ」とお感じの方のための小資本ビジネス立ち上げ法
〜価格比較サイト、広告代理店、人材派遣のような「コミュニティ型 ビジネス」・「仲介型ビジネス」は、一体どういう手順でゼロから立ち上げていくべきなのか?!〜

※本ページでは、手に職が無い方であっても、立ち上げ方のこつさえ分かっていれば、小資本で十分に立ち上げることが可能な、「仲介型ビジネス」、「コミュニティ型ビジネス」の立ち上げ方に関する手法、及びノウハウをご案内しております。


<本ノウハウをご覧になった方の生の声>

■新しい事業を立ち上げるときの思考プロセスが、とても参考になる!まさに、事業家や経営コンサルタントが問われる能力
読者数2万8000名のメールマガジン「日経MJに見るマーケティングの戦略・戦術」発行者 濱本克哉様 
http://www.bushidoman.com/

 「むぅ、すごい・・・」

と、またうなってしまいました。
  新しいビジネスモデルのアイデアを次々に生み出しては、具現化して見せてくれる中山さん。これだけできる人は本当に少ないです。
  本書では、「価格比較サイト、一括見積サイト、人材派遣、広告代理店」の立ち上げ方について、実際にやろうとしている人の質問に答えるという形式で、超具体的に解説してくれています。
  事業を立ち上げるときの思考プロセスがとても参考になります。


■いくらでも、小資本で立ち上げる努力ができることが分かった!
起業準備中、鳥居様(愛知県刈谷市)

 「価格.com」や「ホテル予約サイト」のようなものが儲かると思っても、いきなりあんなサイトやシステムは自分には作れないと感じ、それを言い訳に行動をしませんでした。でも、地道な調査や数社を囲い込むことから始めたなどの立ち上げ段階の行動を知り、無理なく小資本で立ち上げる方法があるということを知り、参考になりました。 何かアイデアを思いついたときは、いきなり完璧なもの提供できなくても、自分にできるとことから始めてみます。


■可能性があるビジネスであるかどうかを判断する上での、具体的な数値基準が役に立った!
学習塾経営、H.Y.様(神奈川県藤沢市)

 コミュニティ型マッチング・ビジネスは…?」のテストマーッケティングに関する部分がとても参考になりました。

  母数は●●●●〜●●●●。ただし、最低●●●●あればかなり精度が高い。個別に話を聞き、●●的に判断する方法も可。費用は●万円程度。地域密着型の消費者向けの場合には、費用がかさむことがある。シロクロの判断。

  こういう具体的な数字が、実は分からないのです。とても参考になります。これからも、「こんなことはみんな知っているだろう。」と省略せず、詳しく解説してください。


■アイデアをより強固なものにするために、ハードルを解除しながら組み立てていく過程が生々しかった!
起業準備中、永田泰明様(熊本県)

 お店とおもちゃ屋の仲介ビジネス」は、いろいろと参考になりました。
  アイデアをより強固なビジネスモデルにするために、ハードルを解除しながら組み立てていく過程が、田中氏との会話を通して生々しく且つ具体的に書かれていて、非常に参考になりました。
  分かりやすく、自分の考えているアイデアに適用する場合も、こういう方向で考えていけばいいんだということが良く分かりました。


※以上のようなご感想を頂いておりますが、あくまで効果の感じ方には個人差がありますことをご理解頂ければと存じます。特に、「できるだけ簡単に儲かるネタ」等をお探しの方からは、全くといってよいほど、良い感想は頂いておりません。


仲介、コミュニティ・ビジネスをお考えの方から非常によく頂くご質問

  最近、私のお客様である田中さんより、こんなご質問を頂きました。田中さんは、外食店経営のご経験があり、現在、新規事業をお考えのお方です。


■質問■

会社経営、田中様より(横浜市青葉区)

(冒頭省略)
 私は現在、仲介型コミュニティ型のビジネスモデルを考えています。ですから、今回の第3号(月刊e-Coaching第3号)の事例はとても参考になります。
  そちらに記載の通り、まず、お客様を見付けてから業者・商品を探す方が失敗しないと思います。でも、ある程度の業者数・商品数が存在しなければ事業が成り立たないと思われるもの、例えば、

・オークションサイト
・一括見積サイト
・価格などの比較サイト


のような事業は、どんな手順で立ち上げられたものなのでしょうか?
  やはり、「買い手」と「売り手」を同時に集めていったのでしょうか? そうすると、テスト・マーケティング(アイデアの検証)はどのように行ったのでしょうか?
(以下省略)


 コミュニティ型や仲介型のビジネスをお考えの方であれば、田中さんからのご質問をご覧になり、

自分も、田中さんと全く同じ心境だ!

とお感じかもしれませんね。

 というのも、恐らくあなたご自身が、過去、あまり価値の感じられない「コミュニティ型」・「仲介型」のビジネスをご覧になったことがあるからではないでしょうか。


 例えば、「価格比較サイト」のようなサイトが世の中で初めて誕生したばかりの頃を想像してみましょう。
  「おっ、価格比較サイト?面白そうなサイトだなあ!どんなサイトか一度見てみよう!!」と思って訪れてはみても、もしあなたが探している商品に関する情報が見付からなければ、

「なーんだ、ほとんど情報が掲載されていないじゃないか?!」

と思うものでしょう。余程の感動ががない限り、あなたは「お気に入り(ブックマーク)に入れよう!」、とは思わないはずです。


  また、これは、コンピュータに頼らず、人を介して「仲介」を行うようなビジネスでも、全く同様だと考えられます。
  例えば、あなたの経営が順調に進んで人材が急遽必要になり、「人材派遣会社」に依頼をかけたとします。でも、その会社が、業種ごとに人材をとり揃えていると言いながらも、要望に合う人材が見付からなければ、

「人材派遣会社といいながらも、お宅にはほとんど人材がいないじゃないか?!もう、あんたには、頼まん!」

と思うに間違いありません…。


 こうなることを未然に防ごうと思えば、できるだけたくさんの「商品価格」情報集めや、人材の囲い込みを事前に行っておくしかありません。


 ただ、大量のエネルギーを注いでそれらの活動を行ったものの、ほとんど収益にはつながらず、かけた時間だけが失われてしまうことは、全く珍しくないものです。

  今でこそ「価格比較サイト」や「人材派遣」といったビジネスには、大きなニーズがあることが分かっているから良いものの、最初に立ち上げたばかりの頃には、本当に「価格情報」や「人材」を集めることが価値を生むかどうかは、予測することしかできません。

  そう考えると、こういった「コミュニティ型」・「仲介型」のビジネスを手がけようと考えた場合には、「結果は将来必ずついてくるはずだ!」と祈る気持ちで、徹底的に商品や情報、業者集めの努力を行う必要があるのでしょうか?


さて、ここからが本題です!

 確かに、「コミュニティ型」・「仲介型」といったビジネスは、大量の情報や商品・業者・人材などを囲い込んでいるからこそ価値があります。
  だから、囲い込みにかかる労力とそれがムダに終わるリスクは、ある程度は覚悟しなければならないと考えております。

  でも、私は、できるだけそういったリスクを最小限にし、順を追って「コミュニティ型」・「仲介型」ビジネスを立ち上げていくためのルールがあると考えております。

 私は、経営コンサルティング会社を退職してから、教育事業、IT事業、コーチング事業といった複数の事業立ち上げを経験して参りました。


 人気プロレスラー、新日本プロレスリング社長の藤波辰爾氏(フジナミタツミ氏)との対談後の様子。左が著者の中山。
詳しいプロフィールはこちら
クライアント様等の声はこちら


 現在は、経営コンサルタントとしての経験と、自らの起業経験をもとに、

「今一つ、現業には満足できない。何か、新しい、もっと大きな事業の柱が欲しい!」

とお考えの経営者の方々や、

「人とは違う、何か画期的なことをしたい!」

と、秘かに企んでる起業志望者の方を対象に、事業立ち上げのご支援をさせて頂いております。
詳しいプロフィールはこちら

 起業のご支援活動を始めて早1年。これまで70名以上の方からのご相談を頂いて参りました。

 その中でも、比較的小リスク小資本で立ち上げが可能な「仲介型」・「コミュニティ型」のビジネスをお考えのクライアント様は非常に多いものでした。そして、そのほとんどの方は、冒頭の田中さんと全く同様な疑問をお持ちでいらっしゃいました。


  そういった方々に対して、最初にコメント申し上げることはただ一つ、「間違っても、最初からいきなり急激な商品・業者集めに走ってはいけない」ということです。
 そして、その上で、大切なことは、次のような「手順」に従って進めることであることを、ご理解頂けるよう、努めて参りました。


■コミュニティ型・仲介型ビジネスを小資本・小リスクでムダなく進めていくための手順
  1. まずは少量の「情報・商品・業者」等を組織化し、
  2. それをもとにして、自身のアイデアが世の中に受け入れられているかを確認をできるだけ資金をかけずに行い、
  3. 囲い込んだ「情報・商品・業者」等が増えた場合に、商品提供者、顧客ともが満足するビジネスになるかどうかを確かめた上で、
  4. 一気に「情報・商品・業者」等の囲い込みを進める!


  たいていの方は、この1〜3のようなアイデアを検証するステップを無視して、一気に4の情報集めに走ってしまうものです。

  もちろん、そうやって頑張った結果、上手くいくビジネスもあります。しかし、上手くいかない場合には、努力が水の泡となって消えてしまいます。そして、天性の勘が鋭い方でない限り、後者のようなケースに陥ることがほとんどだという印象を受けています。


  これまでは、みんなが陥る落とし穴に落ちないための具体的な手順については、個別にお伝えして参りました。もちろん、これからも、ご希望があれば、どんどん個別にお伝えして参りたいと考えています。

  しかし、それでは、私一人がお伝えできる方の数は限られてしまいます。また、何よりも、何度も何度も同じようなことを繰り返し話している私自身が、多少マンネリ化しつつあります。


  そこで、今回、田中さんから冒頭のご質問を頂いたことをきっかけに、私が発行している月刊誌「月刊アントレプレナー・コーチング(月刊e-Coaching)」にて、合計3号に渡り、「コミュニティ型」・「仲介型」のビジネスの具体的な立ち上げ手順について、執筆させて頂きました。


※下記の各画像をクリックされますと、もっと鮮明な画像をご覧になって頂けます。
【第6号】B5版 全63ページ
価格比較サイトのようなコミュニティ・サイトの立ち上げ方特集![お客様の声を見る→]
【第7号】B5版 全64ページ
通常立ち上げに資金がかかるサイト構築を資金をかけずに行う方法特集![お客様の声を見る→]
【第8号】B5版 全62ページ
ある程度の支持を得たサイトをより大きくする方法特集![お客様の声を見る→]


 ただ、 執筆したといっても、よくあるマニュアルのようなものを書いたわけではりません。

 もちろん、マニュアル形式でまとめることも可能ですが、あらゆるケースに対応させようと考えるあまりに画一的になってしまい、かゆいところに手が届かないものになりがちです。

  そこで、今回は、少し変わった方法を採用してみることにしました。その変わった試みとは次のようなものです。


  • 冒頭の田中さんから頂いた質問に対して、回答のメールを送らせて頂く。
  • 田中さんには、その回答のメールをお読み頂き、納得いかないところは、さらに突っ込んだ質問を頂く。
  • その質問に対して、さらに突っ込んだ回答をさせて頂く。
  • (以下、この繰り返し)


 そして、このような会話の流れをそのまま、書面にまとめてみたのです!

 最終的には、田中さんの質問にメールでお答えするのには限界が来てしまい、直接、田中さんにお会いして5時間近くも、お話することになりました。

 結果として、前半では私が一方的に質問にお答えするだけでしたが、後半は、田中さんがお考えの「仲介型」のビジネスのアイデアを具体化するための、コーチング的ご支援のような内容になりました。

 まさに、この田中さんとのやりとりをご覧になって頂ければ、あれやこれやと思考を巡らせ、試行錯誤しながらアイデアを具体的な形に落とし込んでいく過程を疑似体験頂けるのではないかと考えております。

  何よりも、このような方法をとることで、画一的なマニュアルではお届けしにくい、アントレプレナーとしての思考プロセスをご理解頂きたいと考えて、執筆させて頂きました。


※ビジネスモデルが徐々に徐々に、具体的に固まっていくプロセスを、分かりやすく解説。言葉では伝わりにくい場面では図示も。
※ご希望の方は、こちらからサンプルをご覧になって頂けます!


 なお、月刊誌3号分に記載されている内容は、以下の通りです。


■コミュニティ型・仲介型ビジネスを小資本・小リスクでムダなく進めていくための具体的手順とは?!
  • 価格比較サイトの立ち上げ方とは?
    〜コミュニティ型ビジネスはどういう手順で立ち上げていくべきか?〜
    (月刊e-Coaching 第6号 合計20ページ
     
  • 通常、立ち上げに資金がかかるビジネスを、資金をかけずに立ち上げるプロセスとは?!
    〜まだ着メロが存在していない時期に、もし「携帯電話向け着信メロディ配信」というビジネスを思いついたとしたら?〜
    (月刊e-Coaching 第7号 合計13ページ
     
  • 「仲介型」ビジネスモデルを考える際に、絶対にこれだけは注意しなければならないというポイントとは?!
    〜「おもちゃ屋」と「レストラン」の間の仲介ビジネスモデルを具体化するプロセス!〜
    (月刊e-Coaching 第7号 合計25ページ
     
  • 「コミュニティ型」ビジネスでオンリーワンになるプロセス!
    情報商品レビュー・サイトを立ち上げる際にはこんな思考錯誤のプロセスがあった!そして、更に認知度を高め、競合を排除するためにはどんな努力をしていけば良いのか?
    (月刊e-Coaching 第8号 合計30ページ
     
  • これからのインターネット・ビジネス支援に必要な新種の広告代理店モデルを立ち上げる!
    〜広告スペースを新規提案する広告代理店ビジネスモデルの設計プロセス〜
    (月刊e-Coaching 第6号 合計13ページ
     
  • 講演会開催企画者と講師希望者のマッチング・ビジネスをゼロから組み立てる!
    〜一見ありそうに見えるビジネスモデルも、一箇所をいじくれば、全く新種のオンリーワン・ビジネスモデルに生まれ変わる!〜
    (月刊e-Coaching第8号 合計12ページ

サンプルはこちらからご覧になって頂けます!ご登録等は一切不要ですので、自由にご覧になってみてください。


  念のため申し上げておきますと、本書には、努力無しで「コミュニティ型」・「仲介型」のビジネスを簡単に手軽に立ち上げる方法について書いてあるわけではありません。

 そうではなく、

  • いかにして、アイデアを具体的な形に落とし込んでいけば良いのか?
  • 壁にぶつかったときには、どのようにして突破すれば良いのか?

という思考プロセスを疑似体験頂きながら、「コミュニティ型」・「仲介型」ビジネスの立ち上げ手順についてご理解頂けますと、とても嬉しく思っております。


 本商品に書かれていることは、考えてみれば当たり前のことばかりです。
  にも関わらず、この方法を知らず、思いつきで準備を始めてしまったことにより失われる時間は、計り知れないものがあります。
  あなた様の貴重な時間を無駄にしないためにも、ぜひ、本書をご覧頂けますと幸いです。


  なお、前述の内容は、月刊e-Coaching(月刊アントレプレナー・コーチング)に3号に渡って書かれているものですが、実は、月刊誌にはこれら以外にも、下記のような情報も含まれています。


<付随情報>
  • 自分に手に職がないと嘆かれている方への朗報!
    〜営業が苦手な職人型企業と組んで、低リスクで高収益事業を実現する方法とは?!
    (月刊e-Coaching 第6号 合計9ページ
     
  • 不動産投資の背後で、極めて低コスト・低リスクでこっそりと利益をあげているビジネスとは?
    (月刊e-Coaching 第7号 合計13ページ
     
  • 優良企業の3倍以上の収益性!
    〜福利厚生のアウトソーシング・ビジネスの収益性が高い理由とは?
    (月刊e-Coaching 第7号 合計7ページ
     
  • 資産を持たずに行うレンタルビデオ事業!
    〜レンタルされているものをタダで借りてレンタルする?〜
    (月刊e-Coaching 第8号 合計6ページ
     
  • なぜ自主的な勉強会・メーリングリストは機能しにくいものなのか?
    (月刊e-Coaching 第6号 合計11ページ


  これらのほとんどは、「成功している事例からいかに新しいビジネスモデルを発見するためのヒントを得るか?!」という目的で、執筆させて頂いたものです。(学術的に、「なぜこの事例は成功したのか」という事実を明らかにする目的のものではありません。)

  恐らく、今回の内容にご関心をお持ちの方であれば、ご参考になるものだと思いますので、ぜひ併せてご活用頂けますと幸いです。


まずは、「30日間お試し制度」をご利用ください!

 とは言え、いくら内容が魅力的に見えるだからと言っても、本当に期待している内容が書かれているかどうかも分からないものに対して、お金を支払うことには勇気がいるものでしょう。

 特に、最近は、インターネット上で怪しげな情報系の商品も増え、購入後に「騙された!」とお感じになった経験がある方も多いと思います。

  また、私自身の商品も、万人向けに書いているものではありませんので、起業を志されている方全てにお役に立てるものだとは考えていません。
  にも関わらず、 こういった、インターネットで提供されている情報は、本屋と違って、購入前に立ち読みを行うこともできません

 そこで、

「ああ、こういう内容と分かっているなら、もっと前から申し込んでおけば良かった…」

という方が少しでも減って頂ければと考え、この度「30日間お試し制度」をご用意させて頂くことにしました。


 本日中に、 こちらのフォームからお申込頂きますと、7日以内に代引便にて商品の発送手続をさせて頂きます。(一部離島等、若干到着が遅れる地域もございます)。

 お受取り時には、お手数ではございますが、配達員の方に、仮払金(後日返金可)として料金11,500円(税込12,075円)を お支払いください。送料、代金引換手数料は、こちらが全額負担致します。

 商品をお受取りになりましたら、その後30日間、ゆっくりと中身をご覧ください。そして、正式にご購入されるかどうかをご判断ください。

 結果として、

「なるほど、そうだったのか?!こういう手順や具体的な数字が、分かっているようで分かっていなんだよね!!」

といった感動が得られないようでしたら、 お届けした商品(3冊)を30日以内にご返却(消印有効)頂きましたら、購入の義務はございません。(恐れ入りますが、返送料のみご負担ください。)

 ご返却を確認でき次第、振込手数料は弊社が負担の上、お支払い頂いた仮払金を3日以内に全額返金させて頂きます。


 最近は、返金可能と言っていながらも、返品理由を厳しく問いただされ、事実上、返品不可能であるケースがあると聞いています。

 が、もちろん弊社ではそのような不誠実な対応は致しておりません。例えどんな理由であろうとも、喜んで返品を承りますので、どうぞ安心して、この30日間お試し制度をご利用頂けますと幸いです。

 なお、お試し期間終了後に、正式なご購入を希望される方は、特別な手続は必要ありませんので、そのまま商品をご活用頂ければと存じます。


お申込をご希望の方へ

 ところで、大変恐縮ではございますが、今回の商品35部(残り21部)の製本発注後、誤字が含まれている箇所がいくつか見付かりました。

  もちろん、内容の理解に支障が出るようなものではありません。しかしながら、「誤字が有ること自体、商品価値がない証拠だ!」とお感じの方も一部いらっしゃるくらいですので、私共も不注意がありましたことを、改めて反省している次第であります。

  そこで、そのお詫びの気持ちとしまして、本日に、お申込頂きました方に限りまして、今回の商品の料金(仮払い料金)を、11,500円(税込12,075円)→10,000円(税込10,500円)とさせて頂きたいと考えております。

  私共のお詫びの気持ち、また、すぐにお申込を頂いたことに対するお礼の気持ちとして、受け止めて頂けますと幸いです。


 前述した内容の繰り返しになりますが、本商品に書かれていることは、考えてみれば当たり前のことばかりです。
  にも関わらず、この方法を知らず、思いつきで準備を始めてしまったことにより失われる時間は、計り知れないものがあります。
  あなた様の貴重な時間を無駄にしないためにも、ぜひ、本書をご覧頂けますと幸いです。


  それでは、ご希望の方は、下記にてお申込手続をお願い致します。再び、商品内でお会いできますこと、楽しみにお待ちしております!


※今回の商品のサンプルはこちらから自由にご覧になって頂けます!

※こちらに、よくあるご質問や、それに対するご回答をまとめております。気になる点がございましたら、お申込前に必ずご確認頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

ご登録頂いた情報は「暗号化」された上で送信されます。(128ビットSSL対応)

※本ページでは、月刊e-Coaching 単体でのお申込は承っておりません。単体でのお求めをご希望の方は、こちらのページより第6号・第7号・第8号のいずれかをお申込頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。



今回の情報ご購入者から頂いたご感想

  それでは、最後に、今回の情報をご購入された方の生の声をご紹介させて頂きます。

コーチングの内容が誌上で公開されているのが面白い!

通信販売業、K.K.様(愛媛県新居浜市)

 コミュニティ型マッチング・ビジネスについての田中さんとのやりとりは圧巻でした。田中さんと同じ疑問を抱きながら拝読していましたので、当事者意識で読み進めることができました。また、本ビジネスの立ち上げ方は、他のビジネスモデルにも十分応用できる点が多々あるという意味合いでも、満足できる内容でした。

 

現場の生々しい事例がとりあげられていて参考になる!

起業準備中、佐藤健二様

 丁度、自分のかかわろうとしているジャンルでタイムリーでした。田中さんの心理はうなずけるものがあり、リアルで読む側にもインパクトがあります。ある種の生々しさが、コンテンツの説得力を増している点が良かったです。

 

手に職がなくても、いくらでもビジネスモデルが組み立てられることが分かった!

起業準備中、T.O.様(愛媛県今治市)※アンケート

  今回はどのコンテンツも「非常に良い」にチェックを付けたいぐらいでしたが、解りやすいように辛口にチェックをつけました。とにかく、広告代理店モデルがとてもすばらしく、【小規模メルマガ対象の完全成功報酬型広告代理店】はそのまま使いたいぐらいです。本当に!

 最近、とにかく起業のことを考えていて、タウンページを読んだり、リクルートが出している「独立事典2005」(アントレ特別編集)という本を読んだりしていました。読めば読むほど、自分の手に職があればなあと感じていました。
  しかし、前回や今回の記事にあるように、手に職がなくても、仲介などですばらしいビジネスモデルができることに勇気ずけられています。(手に職がないことで、逆に良かったと考えるようにしています)あと、●●.comが最初は●ホテルだったとは驚きです。

 また、重要視すべきことは「●」より「●」!●●●●な分野より、いわゆる●●●●な分野にチャンスあり!などなど、すごい文章が目白押しで、あとから何度も読む&考える、をしたい思います。


このような視点でビジネスを考えることがなかったので、新ビジネス創造の熱意アップにつながった!

通信販売業、K.K.様(愛媛県新居浜市)

 お店とおもちゃ屋の仲介ビジネスにおいて、顧客の定義を変えるだけで、新しいビジネスが創造できるという記事を大変興味深く読ませて頂きました。
  これまで、このような視点でビジネスを考えることはなかったので、新たな視点が得られると同時に、新ビジネス創造の熱意UPにつながりました。
  また、今回の田中さんへのコーチング方法を目の当たりにしたことで、適切な質問が適切なアイデアを生み出すことを学ばせて頂きました。紙面にあった様な質問を私なりに質問集の形にまとめて、アイデア出しツールとして活用しようと考えております。


チャートを使うことで、色々な発想がしやすくなると思った!

ぱてしえプランニング、代表、奥田様

  田中さんとの対話の中で度々出てきた、「価値の提供」と「お金」の流れを表すチャート。非常にわかりやすくて良かったです。
  みれば、ごくあたりまえのことかもしれませんが、これを応用していくと、色んな発想がしやすくなると思いました。

可能性があるビジネスであるかどうかを判断する上での、具体的な数値基準が役に立った!

学習塾経営、H.Y.様(神奈川県藤沢市)

 「コミュニティ型マッチング・ビジネスは…?」のテストマーッケティングに関する部分がとても参考になりました。

  母数は●●●●〜●●●●。ただし、最低●●●●あればかなり精度が高い。個別に話を聞き、●●的に判断する方法も可。費用は●万円程度。地域密着型の消費者向けの場合には、費用がかさむことがある。シロクロの判断。

  こういう具体的な数字が、実は分からないのです。とても参考になります。これからも、「こんなことはみんな知っているだろう。」と省略せず、詳しく解説してください。

アイデアをより強固なものにするために、ハードルを解除しながら組み立てていく過程が生々しかった!

起業準備中、永田泰明様(熊本県)

 「お店とおもちゃ屋の仲介ビジネス」は、いろいろと参考になりました。
  アイデアをより強固なビジネスモデルにするために、ハードルを解除しながら組み立てていく過程が、田中氏との会話を通して生々しく且つ具体的に書かれていて、非常に参考になりました。
  分かりやすく、自分の考えているアイデアに適用する場合も、こういう方向で考えていけばいいんだということが良く分かりました。

いかにお金をかけずにアイデアの検証を行うべきかを深く理解できた!

学習塾経営、H.Y.様(神奈川県藤沢市)

 いかにお金をかけずにテストマーケッティングを行うか、ということがさらに深く分かったように思います。
  やりたい方法がある、それを何とかお金をかけずにできないか、と考えることが大切なんですね。安易に自分がすでに知っている方法の中だけで対処しようとせず、とにかくお金をかけない(!)という前提で考えに考えることですね。

  「顧客は誰か」は盲点でした。

電車で読んでいたら、入り込んでしまい、乗り過ごしてしまった!

プロジェクト進行中、K.T.様(東京都葛飾区)

  いつも困っています。会社でプリントアウトして、帰りの電車で読んでいるんですが、毎回毎回入り込んでしまって、乗り過ごしてしまうのです。。。。
  他に電車を乗り過ごすほど、のめり込む本はなかなかありませんので、それほど濃い内容だからだと思います。逆に言うと、本屋さんで購入できる(=立ち読みできる)情報はたかが知れている、ということなのでしょうね。

自分のビジネスモデルを改善するためのヒントを得ることができた!

CAE・システムコンサルティング、代表取締役、藤原様

 

いくらでも、小資本で立ち上げる努力ができることが分かった!

起業準備中、鳥居様(愛知県刈谷市)

 「価格.com」や「ホテル予約サイト」のようなものが儲かると思っても、いきなりあんなサイトやシステムは自分には作れないと感じ、それを言い訳に行動をしませんでした。
  でも、地道な調査や数社を囲い込むことから始めたなどの立ち上げ段階の行動を知り、無理なく小資本で立ち上げる方法があるということを知り、参考になりました。 何かアイデアを思いついたときは、いきなり完璧なもの提供できなくても、自分にできるとことから始めてみます。

意外と忘れがちな2つのことを思い出させてくれた!

起業準備中、金井様(東京都江戸川区)

 いろいろなアイデアが思いつくにつれ、どんなアイデアでもニーズさえあれば稼げると思ってしまいがちです。特にアントプレナーコーチングを購読させていただいてからは、読み進めるにつれ、いろいろなアイデア(大したものじゃないですが・・・)が浮かんでくるので、いくらでも起業できる!と思ってしまいがちです。まるで誘導尋問ですね。(笑)本当にすごいです。

  しかし、今回のインフォレビューの内容、つまり、1をいかに10まで持っていくかという話でハッとさせられました。それは、市場のライフサイクルが非常に重要であること、そして、立ち上げ後、先手先手を読んでおくことが必須であること、の2点です。

  もちろん重要なのはこの2点だけではないですが、この2点は中でも非常に重要のことに思えます。一見非常に単純なことですが、意外と忘れがちなものなんですね。このことを気づかせていただいた。それが今回特に良かった部分です。

(以下省略)

常に先の手を考えて行動していくことの大切さを実感できた!

起業準備中、T様(愛知県)

 1を10にするための戦略で、地道な活動こそが成功の秘訣だと感じ、良かったです。そういった行動をしていく必要があることと、常に先の手を考え行動していくことの大切さがわかり、起業時の心構えを学べました。
  ソニーのウォークマンの話を聞くと、ある業界が売れているからという理由で、いきなり同じ土俵に入って勝負すると、よほどのことがない限り、追いつけないですね。
  別のことで付加価値を確立してからなら、それが差別化にもなり、勝負ができる。いきなりやりたいことをやるよりも、ニッチから攻めるという考えももてました。

じっくりと準備すべきとき、急いで行動すべきときの違いに共感!

有限会社イー・グルーヴ 代表取締役 加藤一郎様
http://katoichiro.livedoor.biz/

(冒頭省略)
 起業の本やその他啓発本にお決まりのように出てくるスピードのテーマですが、まさに中山様のおっしゃるとおり、画一的に捕らえることのキケンさについて論じる人のなんと少ないことかと思います。
  私はソフトバンクの孫正義さんを尊敬していますが、彼も起業前に様々な視点から100以上の起業アイデアを検証し点数化してソフトの流通業を選ばれたようです。その検証期間も1年以上。そのあとの展開スピードは、皆さんご存知だと思いますが、まさにそういうことなんですよね。

思考の流れが非常に分かりやすい!

I.N.様(横浜市青葉区)

 いつもですが、考えている流れが非常にわかりやすく、参考になってます。足場を固めて、参入障壁を創っておいて、人が真似しようと思って参入しようと思っても参入できないという状態にする、という発想が全く抜けていたことに気づけました。

※以上のようなご感想を頂いておりますが、あくまで効果の感じ方には個人差がありますことをご理解頂ければと存じます。特に、「できるだけ簡単に儲かるネタ」等をお探しの方からは、全くといってよいほど、良い感想は頂いておりません。



  それでは、まずは、10日間の無料レンタル制度をご利用ください。お申込は、下記にてお願い致します。
  月刊誌の中で、再びお会いできますことを、楽しみにお待ちしております!


※今回の商品のサンプルはこちらから自由にご覧になって頂けます!

※こちらに、よくあるご質問や、それに対するご回答をまとめております。気になる点がございましたら、お申込前に必ずご確認頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

ご登録頂いた情報は「暗号化」された上で送信されます。(128ビットSSL対応)

※本ページでは、月刊e-Coaching 単体でのお申込は承っておりません。単体でのお求めをご希望の方は、こちらのページより第6号・第7号・第8号のいずれかをお申込頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
Copyright 2004-2005(C) Tadashi NAKAYAMA and Entrepreneur Coaching, Inc. All Rights Reserved.
当サイトの許可無く、本文書の一部或いは全文のコピー並びに転用することを禁止します。