起業のアイデア発想・戦略の組み立てを、毎月一度、疑似体験する起業・新規事業専門誌「月刊アントレプレナー・コーチング」 起業の戦略は、いかにしてゼロから発想し、設計すべきものなのか?
TOP | 読者の広場TOP | 月刊誌の概要 | 月刊誌バックナンバー | お客様の声 | 無料情報一覧 | お問い合わせ | 会社概要
 
■著者プロフィール
中山 匡
Tadashi NAKAYAMA


新日本プロレスリング社長フジナミタツミ氏(人気プロレスラー)との対談後の様子。左が著者。

<プロフィール>
 大手経営コンサルティング会社から独立後、アントレプレナー・コーチング株式会社を設立。専門分野は、マーケティング・リサーチ、業務・ノウハウの標準化・体系化、フランチャイズ本部の立ち上げ、新規事業の立ち上げ等… [続きを見る →]

■起業戦略無料情報誌
※購読者数6,000名以上
 小資本で圧倒的に成功している起業成功事例を毎月1回無料で知ることができます![バックナンバーを見る→]
※よりお客様のご要望にあわせた個別情報をお届けするためにも、ご登録頂きましたアドレスは、まぐまぐ社と弊社の両方に送信されますことをご了承ください。[詳細・解除→]
姓: (例)山田
名: (例)太郎
E-mail:
個人情報の取り扱い方
まぐまぐ

■大成功事例から、あなただけのオリジナルな起業・新規事業のアイデアを盗み取る方法とは?!(無料)
●過去4,000名以上にお読み頂いた内容をA4版65頁の冊子にまとめ直しました。
 他社の有料情報より価値があった、という声が続出しております![詳細はこちら→]
氏名:
※姓と名の間に空白をお入れください。
(例)山田 太郎
E-mail:
※補足情報もE-mailにて月に1、2回程度お届け致します。解除はいつでも30秒で可能です。

[詳細はこちら→]

■重要事項
個人情報の取り扱いについて
特定商品取引法に基づく表示
著作権、及び、免責事項
リンクについて
※本サイトは、SSL暗号化送信に対応しております。
「やはり自分には、起業は無理なのかなあ?」
と心配になったときに重宝!

起業をあきらめる前にチェックすべき
8つの重要事項 & 2つのスキル

  昨年末頃から、クライアント様より、「最近、おかしなメルマガばかり届きますね」、という話を頻繁に耳にするようになりました。

  私は、メールマガジンにはほとんど目を通していないので詳しくは分かりませんが、「何日後かに値上げするから、大急ぎで購入するように!」と、あおり立てるような内容のものが続出しているというのです…。

  しかも、1回や2回ではなく、もう何回も毎日のように売り込みだけのメールが届くのだとか…。そしてどのメルマガを見ても、内容はほとんど無く、仲間同士でお互いの商品を紹介し合っているものばかりだとか…。


  ときに、「そこまで自信を持って売り込んでいるくらいだから、きっとすごい内容なのだろう!」と思って、大慌てで何万円もの大金をはたいて購入してみたものの、実際に商品を手にとってみると、内容が「???」と思えるケースは珍しくないようですね…。

  このような事態が生じているのは、かなり残念なことです。


  確かに一昔前までは、インターネットを活用すると、小リスクでしかも比較的短期間に大儲けができるという風潮がありました。
  そして、金儲けのための活動を推奨している方々が、とんでもない規模の利益を得ていたことも事実でしょう。

  しかし、上述のような、いたたまれない実状は、もはや過去の神話は、もはや現実のものではなくなったことを示唆しているように感じます。

  そして、それは、起業ブームに乗って起業活動・起業の準備を始めたばかりの方も、まさにご自身に対する危機としてお感じになっているものではないでしょうか?


「金儲けなんて簡単だ、と言っていた人達だって、今、こんな大変な状況なんだ…。
  じゃあ、何の基盤もなく、これからゼロから始めようとしている自分は、一体どうなのだろうか? 」


 「メルマガを出すと儲かる」、「アフィリエイトの収入をあげる上ではメルマガの活用が有効だ」と聞いてメルマガを出したものの全く効果無し…。
  はやりのブログを立ち上げ、なんとかある程度のアクセスは得られるようになったけれど、一体、本当に収入に結びつくのはいつのことやら…。

 このように、何をやっても具体的な果実を得ることができない時期が続くと、感情を持った人間ですから、 やはり、

「一体どこがいけないのだろうか?
やはり、自分には起業は無理なのだろうか? 」

と、気持ちが萎えてくるものでしょう。


 確かに、現実問題として捉えてみて場合、起業は実際はそう簡単なものではありません。

 実際、「もう、やるべきことは、全てやり尽くしました。この事業は無理です…。」と嘆かれている方も、今現在は、非常にたくさんいらっしゃることでしょう。
  私共のクライアントさんの中にも、「やっぱり、会社員としてやり直した方がいいのですかねぇ…」と言われるような方も、いらっしゃるのは事実です。


 ところが、そのように言われているクライアントさんから、詳しく話を伺ってみると、意外と、本来起業家として当たり前にやるべき努力が単にできていないだけであるケースが、極めて多いものです。

  クライアントご本人様としてはやり尽くしたと思えても、「えっ、まだ、〜は試していないのですか?」と思えるものがたくさんあるものなのです…。

 例えば、次のような話に、心当たりがおありでしょうか?


  • 考えてみると、顧客がどういうことについて悩んでいるのかを、顧客から直接、具体的な声として聞いたことがない…
     
  • 顧客が商品を購入するとき、どんなことに不安に思うか、自社の競合品のどんな点に着目するのかを把握していない…
     
  • 「情報起業」が儲かると聞いて情報販売を開始したが、顧客に対して個別の支援活動を行ったことがない…
      
  • 「金儲け系商材」が儲かると聞き、自分も真似してやってみたが、ほとんど売れなかった…
       
  • メルマガやブログの記事は、とにかく続けることが大切だと考え、その日の思いつきで書ける範囲のことを書いている…
     
  • まぐまぐでしっかりしたメルマガを書いて定期的に配信すれば、
    顧客フォローは十分だと思う…
     
  • メルマガ読者増のために「相互紹介」をするときには、どこかのマニュアル等に書かれていた雛形を活用している…
     
  • アクセス解析は導入しているものの、「何人がホームページに訪れると何人が購入するか?」と聞かれても即答できない
     
  • 有料の広告を出したりしたら、とても事業として採算が合わない。だから、集客活動は徹底的に無料で行うように努めている。
     
  • (会社員の方の場合)週末起業に力を入れるため、会社ではできるだけ新しい仕事は引き受けず、手を抜くようにしている。
     
  • 思いつく事業からどんどん行動しているが、まともな形になったものは1つもない…


  私は、この1年間という短期間の間に、100名以上の起業家の方々のご支援を行わせて頂きました。(弊社のプロフィールは、こちらに記載がございます。

 その結果から判断しますと、もちろん上記以外にも注目すべき事項はもっと大量にありますが、少なくとも上記の中で1つでも該当するものがおありのようでしたら、まだまだやるべきことは残されているのではないか、と考えております。


  もちろん、起業ブームの最中に、

          「周囲がみんな起業しているから、自分も起業しなきゃ」

と焦り、起業をお考えになったような方が、中途半端な努力だけで簡単に上手くいくかと言うと、世の中そんな甘いものではありません。


  しかし、本来、起業して事業を軌道に乗せることができるだけの可能性を持った方が、起業ブームの衰えと一緒に消えてしまうのは、なんとも、もったいないことです。

 少なくとも、 資質のある方が最近インタネットで流通している情報だけをあてにして上手くいかず、本質的なことに気付かずに消えてしまうことは、多大なる社会的な損失であるとも感じております…。

  そのような力を持った潜在能力の高い方々こそが、おかしな金儲け系の情報を提供している方よりも、もっと明るみにでなければならないのではないでしょうか?!

  そして、もし弊社がそのような方が力を発揮するきっかけになりましたら、まさに弊社としてもこの上なく嬉しく思う限りであります!


 そこで、そのための活動の一環として、今回、弊社が毎月発行しております月刊誌「月刊e-Coaching(月刊アントレプレナー・コーチング)」の第13号及び第14号の2号分の誌面を使い起業をあきらめる前にこれだけは最低でも確認して頂きたいという8つの重要事項と、起業家にとって最も重要だと思われる2つのスキルについて、特集を組ませて頂きました。


2005年11月1日発刊。
B5版全63ページ
2005年12月1日発刊。
B5版全75ページ
      ※上記の画像をクリックされますと、詳細な目次をご覧頂けます。



  参考までに、本書2冊に書かれている、重要なチェック事項8つの概要を申し上げますと、次の通りとなります。


  • 重要チェック事項1: あなたには戦略はあるか?
     金儲け関連商材を提供している方、マーケティング関連商品を提供している方々も、実際、中身を見てみると、競合他社と全く同じコンセプトでビジネスを進めているケースは非常に多いものです。

      メルマガが流行れば、メルマガの商材を出す…。
      ブログが流行れば、他社が出しているようなブログの商材を出す…。
      「検索エンジン対策が重要だ!」 と主張する人が大量にいるのに「検索エンジン対策」の商品を自社でも出す…。

      オンリーワンになる市場を見つけ出すことが重要だと言っている方々でさえもこのような状況ですから、それだけオンリー・ワンになる戦略を見出すのは難しいものだと言えます。

      本書では、著者自身の経験を交えて、「戦略があるとはどういうことなのか?」をお伝えしています。


  • 重要チェック事項2: ●●の●●の●●●に応じた適切な施策を行っているか?

  • 重要チェック事項3: 商品は競合と比べて本当に優位か?
     上述の話と絡みますが、戦略が十分でないと、競合他社との違いがほとんどない商品を売り出すことになってしまいます。

      「検索エンジン対策はこれで完璧!」という方々の情報を参照してみても、どれを読んでも書かれていることはほとんど同じで、うんざりした経験がおありの方は多いことでしょう。
      どのメルマガを見ても、似たような売り込みばかりで、仮にコンテンツがあったとしても、過去にどこかで読んだことがあるものの使い回しだったり…。

      このように、ビジネスのスタート段階から、自社が競合他社と比べて何が優位であるかを明確にせずに進めてしまえば、なかなかビジネスが立ち上がらないのは、やむを得ないことだと言えます。


  • 重要チェック事項4: 顧客の購買プロセスに合った営業ステップを採用しているか?
     これは非常によくあるケースなのですが、こちらが売りたいと思っている商品を顧客が購入する際に、

    ・どうやって情報収集し、
    ・何個くらいの競合品を調べ、
    ・どういうことを基準に商品の絞り込みを行い、
    ・どのくらいの期間をかけて購入の意思決定をするか?



    ということを、全く知らずにビジネス進めてしまうことが多いものです。

     もちろん、こういうことは、ビジネスを進める過程で、より鮮明に見えてくるものでしょう。
      しかし、「この商品、全然売れないのです…」という方の相談に乗ってみると、ビジネスを開始して数ヶ月もたっているにも関わらず 、上記のうち、1つさえも理解していないことが極めて多いものなのです。

         「たぶん、〜だと思うのですが…」

    という憶測ではなく、上記のような購買プロセスをしっかりと事実として調べることが重要なのです。


  • 重要チェック事項5: 営業構造があるか?
     見込客を集め、まずは一度購入して頂き、繰り返し購入して頂く。
      これは、営業活動の基本ですので、聞いたことがない方は、皆無に等しいのではないでしょうか?

      しかし、残念ながら、「売れなくて困っています…」という方から詳しい内容をお聞きしてみると、「見込客に商品を一度購入頂く」、「既購入者に繰り返し購入頂く」という活動を全く行っていないものです。

         「いや、メルマガを出していますから!」

    と主張される方もいますが、大切なのはメルマガを出すことではなく、見込客自身が、

        「こんな私のために、いつも丁寧にフォローしてくれて
         いつも有り難うございます!

    と思ってくれているかどうかであります。

     残念ながら、売れないと嘆いている方の中で、このフォローをきとんと実施している方には、残念ながら一人もお会いしたことはありません。


  • 重要チェック事項6: ●●を通じて、●●●を常に探し続けているか?

  • 重要チェック事項7: 広告費をペイできるだけの収益構造が構築できているか?
     情報販売を開始し、メルマガで告知したらすごくたくさん売れた!
     でも、回を重ねるごとに売れなくなり、今は毎月売上ゼロに等しい…。

      こういう話は良く聞くものです。

      たいていの場合、こうなったときにどうするかというと、検索エンジン対策とかブログとか、無料に近い方法で集客できる方法を探るものです。
      でも、時間がかかる割になかなか効果が現れず、挫折してしまう方も多いことでしょう。

     なぜこのようなことが起こるのかというと、無料や少額でできる集客方法には限界があるからです。無料でできる良い方法など、皆が求めているものですから、皆が使い始めてしまえば、効果がなくなるのは想像するのも難しくありません

         「でも、広告費にお金を使ったら、利益が残りません…」

     もし、そうだとしたら、事業のモデル自体が誤っている可能性を疑わなければならない可能性があります…。


  • 重要チェック事項8: 経営者がきちんと時間を投下できているか?
     会社員の方であるにもかかわらず、2個も3個ものビジネスを同時に進めようとお考えの方も、意外と多いものです。そして、活動内容を聞いてみると、ホームページを作成して、商品を販売したり、アフィリエイトする等…。

     しかし、残念ながら、商品を作って販売するだけなら、それはビジネスとは言えません。あくまで、それはサイド・ビジネスにすぎません。

     では、サイド・ビジネスではなく、ビジネスにするためには何が必要なのかと言うと???
      一体、起業家、経営者は何に時間を割かなければならないのかと言うと???


  以上が、起業を諦める前に、必ず一度はチェック頂きたい8つの事項の概要となります。

  上記からもご理解頂けますように、これらの内容は、


  • メルマガの構成はこうしたらいいですよ
  • ブログをこんな風に使うと集客増になりますよ
  • セールスレターはこういう順番で書くと儲かりますよ

という単純なものではありません。

  そうではなく、インターネットで流通している高額の情報を購入して勉強してみても、なぜ上手くいかなかったのかを発見頂くことを目的にしたものとなります。

 読み進めるうちに、「はっ」とする部分が出てくるかと存じますので、 忘れないうちにメモしながらお読み頂きたいと考えている次第です。


「やっぱり、自分に起業は無理なのかなあ?」


と諦めてしまう前に、まずは、これら2冊をご覧の上、まだまだやるべきことがあることをご理解頂けましたら幸いです。


2005年11月1日発刊。
B5版全63ページ
2005年12月1日発刊。
B5版全75ページ
       ※上記の画像をクリックされますと、詳細な目次をご覧頂けます。



  なお、参考までに、本書2冊(合計138ページ)に書かれている内容全体の流れについても申し上げておきましょう。


  まず、前編である「月刊アントレプレナー・コーチング第13号」では、戦略全体と販売戦略上の課題を抽出するための8つの重要事項について、1つ1つ順を追って解説させて頂きます。
  そして、後編の「月刊アントレプレナー・コーチング第14号」の冒頭では、起業活動をスムーズに進める上で必要不可欠なスキル2つについて解説します。

  この後編では、さらに第2特集として、「紅茶」という身近なアイデアを題材に、オンリーワンのビジネスを完全にゼロから立ち上げるプロセスについても採り上げます。
  そして、その最後には、この立ち上げたビジネスを例にとり、戦略全体と販売戦略上の課題を抽出するための8つの重要事項の活用法に触れております。


  まずは、「原則」をお伝えする。そして、その原則を理解頂く上で必要な事例をご紹介する。そして最後に、その事例を通じて、最初にお伝えした「原則」について、理解を深めて頂く。

  まさに、そのようなステップで、情報をお伝えしたいと考えております。


※専門用語やカタカナの経営用語を極力使わず、起業準備中の方でもご理解頂きやすいよう表現の努力をしています。



 ぜひ、

「やっぱり、自分に起業は無理なのかなあ?」

と諦めてしまう前に、まずは、これら2冊をご覧の上、まだまだやるべきことがあることをご理解頂けましたら幸いです。


  それでは、以上をご覧になられ、本商品にご興味を持たれた方は、下記に記載のお申込方法をよくご覧の上、お手続きください。



お申込方法 〜書店での立ち読みのように、中身を確認した後に購入するかどうかをご判断頂けます〜

  弊社では、

「ああ、こういう内容と分かっているなら、もっと前から申し込んでおけば良かった…」

という方が少しでも減って頂ければと考え、「10日間の無料レンタル制度」をご用意しております。

  無料申込の手続を頂きますと、原則として7日以内に、商品原本が郵便ポストに届きます。(一部離島等、若干到着が遅れる地域もございます)。もちろん、送料はこちらが負担致します。

 お受取りになりましたら、10日以内によくご覧になられ、ご購入されるかどうかをご判断ください。(発送から10日以内ではなく、到着から10日以内となります。)

  購入をご希望の方は、お受取りから10日以内に、同封の払込取扱票を用いて料金


2冊合計 8,050円(税込)2冊合計 7,000円(税込)
※大変恐縮ではございますが、製本後に商品内に誤字があることが分かりました。そのお詫びとして、定価ではなく定期購読者様料金にてご提供 したいと考えております。


をお支払いください。もちろん銀行振込も可能です。恐れ入りますが、お支払いの手数料はご負担頂ければと存じます。(定期購読は義務ではございません。今回の商品単体でもご購入頂けます。

  一方で、内容が自分に合わないと思われた場合でも、お貸しした商品を10日以内にご返却(消印有効)頂きましたら購入の義務はございません。但し、返送料のみご負担ください。

 その他、詳細な手続方法に関しましては、商品お届け時に同封させて頂きますので、よくご覧になった上で、ご購入されるかどうかをご判断頂ければと考えております。


  それでは、ご希望の方は、こちらをクリックの上、お申込手続をお願い致します。再び、本書でお会いできますことを、楽しみにお待ちしております。


ご登録頂いた情報は「暗号化」された上で送信されます。(128ビットSSL対応)

※上記の「10日間無料レンタル制度」は、初めて「月刊e-Coaching(月刊アントレプレナー・コーチング)」をご覧になる方が対象となります。過去、「月刊e-Coaching」のレンタル制度を利用したことがある方、定期購読をしたことがある方は、上記ではなくこちらのページより第13号及び第14号をお申込ください

最新の在庫数に関しましては、こちらのページの左サイドバー「月刊誌バックナンバー検索」の欄に記載されています。(第13号・第14号の欄をご覧ください)
  完売後は、ある程度のお申込ご希望があることを確認の上、増刷を決定し、赤堀印刷株式会社(川崎区宮前町9-6)に製本を依頼させて頂いております。
 その間、約1〜2ヶ月ほどの期間を要しますので、お急ぎの場合には、お早めにお申込頂けますと幸いです。



商品ご購入者様の生の声

  最後に、今回の情報を正規金額でご購入くださった方の生の声をご紹介させて頂きます。

  2005年末頃に発刊されたばかりですので、頂いているご感想の数は微々たるものですが、少なくとも今回の商品の雰囲気はご理解頂けるのではないかと思います。


起業準備中、R.F.様(東京都)より

  良かったのか、悪かったのか、起業するという事の大変さを実感させられました。勿論、現実を知ると言うことはとても大切なことです。

  今まで、いいアイデアさえあれば、後は、起業のノウハウさえ知れば。。なんて、甘く考えていたところが多々あったと思います。

  いいアイデア、いいアイデアと言いながら、無駄な時間を過ごすとこでした。
  そして、もし、いいアイデアが見つかっても、適当に行動を起こしてしまい大変な失敗をするところでした。

  私は、会社員で、自分で事業など全く経験なかったもので、なお更、浅はかな認識だったのでしょう。

  中山様のe-Coachingは、いろいろなアイデアだけでなく、だからどうすればいいのっていう、読者が本当に知りたい革新的な部分を、痒い所までカバーされているとてもすばらしいものです。本当にe-Coachingに知り合えてよかったです。。

  そして、もっと早く知り合いたかったです。。

起業準備中、小倉様(岐阜県多治見市)より

 購読開始して、初めての号でした。
  よくあるノウハウやテキストと比較して、考え方の方向性やそのプロセスが余すところ無く活字として表現されていて、とても、勉強になります。しかも、「わかりやす〜い!」

  というのは、一般的なノウハウは、「〜の法則TM」などとして、そのやり方をそのままやりなさい、というものが多いものです。
  だから、自分自身としては、その通りにやっているつもりでも、結果的に、うまくいかないことがありました。

  それは、その法則の本質の部分を説明してくれていないので、当然、理解できず、得られるべき効果が得られないという事になっていたと思います。

  本号を拝読してみると、まるで、中山様のアタマの中を見せて頂いているようで、とても、良く理解できますし、本質の部分が理解できると思います。

  ということは、自分のビジネスへの応用が大変しやすいとご理解頂いても構いません。本月刊誌が、「e-coaching」というタイトルになっているのも うなずけます。

起業準備中、A.Y.様(愛知県豊明市)より

 起業したいのに一向に前に進めないのが、なぜかが良くわかりました。憶測で物事を考え、意思決定が出来ず、悶々とどうすればよいかと悩みつづけているだけで、何も実証しようとしていなかったからなんですね。

  やはり物事を先にどんどん進めていく人は常に、テストを繰り返していることが中山さんの例を読んで本当に良くわかりました。
  どちらが良いか悩んだら両方やってみることが、最も早く確実な答えが出るという言葉は、まさにそのとおりだと思いました。

  しかし、私自身がまったく出来ていないことだということがわかりました。今回のチェック事項を、これから実証していこうと思います。

佐藤健二様(石川県金沢市)より

  チェックポイントごとの心理描写が秀逸でした。
  マーケットとのコミュニケーションがとれているのだなあ、と思います。

  各号とも情報の「質×量」では”ヘビー級”だと思うのですが、今号はわりとすっきり読めました。

起業準備中、渡邉様、千葉県成田市

 ”楽して金儲け”は簡単に誰でもできるものではないということが改めて13号を読んで認識することができました。

  さらに付け加えて、”起業”も1円起業という言葉がはやっているせいか、手軽にはじめられること、さらに最近ではセレブなんかもはやっていることから、簡単に社長になってお金持ちになれるというイメージが強いので、あれ?ひょっとして私もなれちゃうかもという錯覚から、つい情報起業の”ばか高い”教材やセミナーなんかを買ってしまっていました・・・

  しかしながら私は本気で、長期的に”私じゃないとできないこと”を起業していきたいので、じっくり段階を踏んで行きたいと思います。
  かといってはやくやりた〜いという気持ちも反面あります。

  が・・・第13号は起業する心構えを改めて伝えてくれたのではないかと思います。ありがとうございました。

R.S.様(奈良県大和高田市)より

 P48に書かれている「やる気が起きない状態」の文章を読み、自分がかなり同様な状態にあることを意識した。それで、とりあえず考えるより動こう!とスイッチした。

パテント・新商品開発アドバイサー 坂井徳栄様(新潟県三条市)

 中山様 何時もお世話になっています。コーチング13号を読んで、私の現状分析の甘さを再確認させられました

  長年やってきた新商品開発の支援活動ですが、データで確認し、データで分析する努力を殆どやってこなかった、と言う甘さが、今後大きく影響しそうです。

  しかし、今から揃えなおしていては、立上げが何時になるか分りません。私にとって時間が足りません。資料もかなり揃えられましたので、早急に立ち上げます。後は、走りながら考えて行かざるを得ないでしょう。

 何時もながら中山様の内容の豊富な「月刊e-Coaching」には圧倒されています。 中山様を見習って私も内容の豊富な「非まじめ発創塾」となるように頑張ります。


ぱてしえプランニング 代表 奥田和夫様より

 大変ご無沙汰していて申し訳ありません。
  嵐のような忙しさにかまけてアンケートを2度も休んでしまいました。毎月のようにお便りページ(笑)に採用されることを誇りに思っていたのに、非常に残念でした。。。

  さて。嵐が落ち着いたら、今後の展開を考えようと思っていた私には、今号のテーマは非常にタイムリーなものでした。既存のビジネスと新規ビジネス、両方にあてはめながら拝読しました。中でもいちばん刺さったのは、(これは幾度となく出てきてることですが)

    「2年後に顧客に何とよばれているか」

ですね。今後の展開を考えるにあたって、ここが一番のキモになりそうです。
(途中省略)

  もう一つささったのは、「成熟期とは、その段階でのパラダイムでは解決不可能な問題が未解決のまま残った状態」という言葉でした。(引用されたもので申し訳ありません)これは、「不景気だからしょうがない」という言い訳は通じないという意味にも解釈できますよね。

  これらを踏まえて戦略を練り直して行こうと思っております。ありがとうございました。


起業準備中、T.O.様(愛媛県今治市)より

 8つの重要チェック事項をきっちりできたら間違いは少ないなあと思いました。

起業準備中、F様(東京都)より

 Fです。休暇は堪能されましたか?
  私も、母と妹と、3人で二ヶ月に一回は、高級ホテルのレディースdayなどを利用して、一、二泊、逃避行に出かけます。そして、3人とも飛行機お宅で、その内の何回かは、成田や羽田などの、滑走路のどまん前に部屋を取って、一日中飛行機の離発着ながめてます。

  最近、友人と会った時、中山様のホームページとメルマガとe-Coachingの話をしました。

  彼女も、とても興味ありげだったので、こんなに良い物、教えちゃうのもったいなかったんですけど(笑)、紹介しておきました。お互い、干渉したり、つっこまない、さっぱりした友人関係なので、登録したとか一切分かりませんが、彼女の感想は、「ただ読んでるだけで、いろいろアイデアが浮かんでくる。すっごいすばらしいね」ということでした。

  自分で、ホームページを作るようになり、インターネットの世界の大変さを肌で思い知り、まして、あんなに濃いメルマガ、e-Coaching、そして、メールのフォロー、中山様の努力、計り知れないぐらい大変なものだと思います。自分が、読者の立場で、中身がなく、ただ宣伝だけのものは、うんざりだったり飽きたりで、開封もしません。

  でも、中身の濃いものは、必ず読みます。自分もそうなのだから、他のほとんどの方がそうだとおもいます。ということは、e-Coachingの中でおっしゃられている通り、その道のプロになり常に情報を発信しなければ、情報の世界だろうが、自営だろうが、会社だろうが、顧客はすぐに飽きてどっかへ行ってしまうという事ですね。

  中山様のようなキャリアのある専門家の方でさえ、更なる努力をされてるのが、痛切に分かりますじゃあ、何もない私は?って考えるとゾ〜〜っとしてしまいます。

  e-Coachingは、時には、甘い考えに、このようにカツを入れてくれて、現実をじっくり見つめさせてくれたり、時には、いろいろ発想のヒントを与えてくれて、ワクワクさせてくれたり、本当に、生きた教科書ですね。
(途中省略)
  本当に、ありがとうございます。これからも、末永くお世話になりたいと思います。
  膨大な仕事時間。。 無理せずお体に気をつけて頑張ってください。

藤竹克様(奈良県)より

・問題解決スキルの項目を読み、目標と現状の「ギャップ=問題」ということは、知識としてはありましたが、「目標達成×→戦略×」、「戦略×=ギャップの認識×」、「ギャップの認識×=現状認識×」ということを行動できるまでのレベルでなければ意味がないということを実感しました。

・紅茶ビジネスの戦略立案の過程も非常に参考になりましたが、そのビジネスモデルを戦略課題抽出チェックリスト10での診断の仕方も大変参考になりました。
・営業構造
   固定客
    ↑      ←知識として知っていてもほとんど
   新規客     実行している(出来ている)人が
    ↑       いない
   見込み客

  (途中省略)

  結局、知っていても、解っていてもやらない。当たり前のことを当たり前にやることの難しさ大切さを改めて感じました

T.T.様(東京都世田谷区)

改めて自身を見直すきっかけになりました。

N.Y.様(東京都港区)

 アドワーズの入札件数や検索回数を使って、成熟度を調べる方法はかなり参考になりました。使いたいキーワードを考えるための指標にもなりますね!

  商材が決まっている場合は、インターネットを使わない、という選択肢もあるんだなあというのは、当たり前のことでしたが はっとしました
  インターネットへのこだわりを捨てるのも、あるときには重要だなあと思います。

※以上のようなご感想を頂いておりますが、あくまで効果の感じ方には個人差がありますことをご理解頂ければと存じます。特に、「手軽に簡単に儲かるネタ」等をお探しの方からは、全くといってよいほど、良い感想は頂いておりません。


  それでは、まずは、10日間の無料レンタル制度をご利用ください。お申込は、こちらをクリックの上、お願い致します。
  月刊誌の中で、再びお会いできますことを、楽しみにお待ちしております!



ご登録頂いた情報は「暗号化」された上で送信されます。(128ビットSSL対応)

※上記の「10日間無料レンタル制度」は、初めて「月刊e-Coaching(月刊アントレプレナー・コーチング)」をご覧になる方が対象となります。過去、「月刊e-Coaching」のレンタル制度を利用したことがある方、定期購読をしたことがある方は、上記ではなくこちらのページより第13号及び第14号をお申込ください

最新の在庫数に関しましては、こちらのページの左サイドバー「月刊誌バックナンバー検索」の欄に記載されています。(第13号・第14号の欄をご覧ください)
  完売後は、ある程度のお申込ご希望があることを確認の上、増刷を決定し、赤堀印刷株式会社(川崎区宮前町9-6)に製本を依頼させて頂いております。
 その間、約1〜2ヶ月ほどの期間を要しますので、お急ぎの場合には、お早めにお申込頂けますと幸いです。


 以上、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


                    文部科学省(財)生涯学習財団 認定コーチ
                       アントレプレナー・コーチング株式会社
                                代表取締役  中山 匡



追伸: ここまで書かれていた内容にはご関心があっても、


「たとえ無料であっても、どこの誰が書いたのか分からない人が書いたものに、申し込むのには抵抗がある」

という方もいらっしゃることと存じます。

  そのような方のためにも、お名前とメールアドレスをご登録頂くだけで無料でご覧頂ける65ページほどの冊子をご用意しております。

 ご希望の方は、まずは下記のボタンを押して、本サイトをお気に入り(ブックマーク)にご登録ください。

その上で、下記にて無料登録の上、65ページの情報を無料でご覧頂ければと存じます 。

  無料だからと言っても、決して手抜きをしている情報ではございません。実際、他社の有料情報よりも、価値があったという声もたくさん頂いている冊子となります。

  もしお近くにプリンターがおありでしたら、今すぐにでも印刷した上でお読み頂くことをお勧めしております。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。


<小資本ビジネスモデル発想法 無料申込フォーム>

氏名: (例)山田 太郎
     ※姓と名の間に空白をお入れください。
E-mail:
※補足情報もE-mailにて月に1、2回程度お届け致します。
解除はいつでも30秒で可能です。
[詳細はこちら→][作者プロフィール→][個人情報取扱方針→]


追伸2: 本ページに書かれている情報にはご関心がなくても、弊社では、その他、このようなたくさんの関連情報を取りそろえております。
 お役にたてるものが1つでも見付かれば儲けものだと考えておりますので、ものは試し、一度こちらのページをざっと一通りご覧になって頂ければと存じます。


追伸3: よく考えてみたが、やはり本ページの商品の無料申込を検討されたいという方は、こちらををクリックしてください。
  お申込頂いた方には、まずは無料で商品をお届け申し上げます。


ご登録頂いた情報は「暗号化」された上で送信されます。(128ビットSSL対応)

※上記の「10日間無料レンタル制度」は、初めて「月刊e-Coaching(月刊アントレプレナー・コーチング)」をご覧になる方が対象となります。過去、「月刊e-Coaching」のレンタル制度を利用したことがある方、定期購読をしたことがある方は、上記ではなくこちらのページより第13号及び第14号をお申込ください

最新の在庫数に関しましては、こちらのページの左サイドバー「月刊誌バックナンバー検索」の欄に記載されています。(第13号・第14号の欄をご覧ください)
  完売後は、ある程度のお申込ご希望があることを確認の上、増刷を決定し、赤堀印刷株式会社(川崎区宮前町9-6)に製本を依頼させて頂いております。
 その間、約1〜2ヶ月ほどの期間を要しますので、お急ぎの場合には、お早めにお申込頂けますと幸いです。

 
Copyright 2004-2005(C) Tadashi NAKAYAMA and Entrepreneur Coaching, Inc. All Rights Reserved.
当サイトの許可無く、本文書の一部或いは全文のコピー並びに転用することを禁止します。